アプリ開発の今

パソコン操作する男

ここ数年、携帯端末がスマートフォンへシフトするなか、スマートフォンに関するアプリも様々登場している。このスマートフォンアプリ開発については、これまでコミュニケーションツールや、情報を取得するためのアプリなど様々開発されており、企業や個人など多くの人が開発するようになってきている。 スマートフォンでは、その性能向上や機能が追加される毎に、それらに対応したスマートフォンアプリ開発がされてきているのが現在のトレンドとなっている。今後はさらに、外部のハードウェア媒体と連携したアプリの開発が進むと見込まれる。例えば、スマートフォンを活用し家電製品と連動したり、自動車と連動するなど、スマートフォンの枠を超えたシステムの開発が進むと見込まれる。

スマートフォンアプリ開発では、その開発ツールが無償で提供されていることや、プログラミングの知識があれば、比較的簡単に開発できることから個人で開発される場合も多い。しかし、本格的なアプリや、様々サービスと連動したアプリなどでは、システム会社などが中心に開発が行われている。 また、これらのスマートフォンアプリ開発では、少額の投資で開発を行っていけることから、ベンチャー企業など比較的小規模な会社が手掛けることも一般的になっている。 今後、スマートフォンアプリ開発が、スマートフォン単体のものにとどまらず、家電製品などと連動していくにつれ、家電メーカーなどがハードウェアと合わせてスマートフォンアプリ開発されていくことも考えられる。